失踪からなんと37年後に着陸した飛行機…その驚きの理由とは? | ふみログ

失踪からなんと37年後に着陸した飛行機…その驚きの理由とは?

エンタメ
スポンサーリンク

1955年7月2日、パンアメリカン航空914便はニューヨークからマイアミへ飛行する予定でした。

天候・司会共に良好で、一見全く問題なさそうなフライト。

57人の乗客とともに特に問題もなく離陸した旅客機でしたが、3時間後のマイアミへの到着予定時刻になっても、パンアメリカン航空914便は姿を現しませんでした。

突然姿を消した旅客機

マイアミへ姿を現さなかったパンアメリカン航空914便ですが、レーダーに影が映ることも、救難信号が出されることもありませんでした。

不思議に思ったマイアミの管制塔の人たちがニューヨークの管制に連絡したところ、奇妙な返事が返ってきました。

「パンアメリカン航空914便は途中でレーダーから姿が消えた」

どちらの管制塔からもレーダーで機影を確認することができなかったので、旅客機が消えてしまったことは確実なようでした。

また、レーダーから姿を消してしまっただけでなく、パイロットとの通信も途絶えてしまっていました。

飛行機は空の上から忽然と姿を消してしまったのです。

すぐに捜索が開始されたが…

残された少ない痕跡をもとにすぐに捜索が開始されました。

飛行ルートはニューヨークからマイアミへ太平洋上を一直線に進むため、その途中で墜落してしまったのではないかと考えられました。

救助隊が編成され飛行機の残骸や乗客の捜索が行われましたが、全く何も手がかりを得ることはできませんでした。

乗客と乗務員を合わせた61名は一体どこへ消えてしまったのでしょうか?

<!–nextpage–>

飛行機が発見されず…

飛行機の残骸や墜落の証拠は発見されていませんでしたが、「パンアメリカン航空914便は墜落した」という公式見解が発表されました。

「生存者はなし」としましたが、どういう状況で果たして墜落したのかも全くわかっていませんでした。

しかし、37年後の1992年9月9日、突然真相が明らかになるときがやってきました。

<!–nextpage–>

行方不明の飛行機が別の国に着陸!?

パンアメリカン航空914便が姿を消してから37年後の1992年9月9日。

ベネズエラの首都にあるカラカス空港の管制塔で業務に当たっていた人たちが、突然レーダーに機影が現れたのを確認しました。

最初は故障ではないかと疑っていましたが、映し出される数値も正しく、故障ではないことがすぐにわかりました。

そして、その旅客機が近づくにつれ、向かってきているのはとても古い機体であることがわかりました。

パイロットとの通信が繋がりましたが、管制官が聞いた一言目は衝撃のものでした。

「我々は今どこを飛んでいるんだ?」

それを聞いた管制官は、

「現在カラカス空港に接近中です」

と答え、パイロットに目的地を尋ねたところこう返ってきました。

「当機はパンアメリカン航空914便ニューヨーク発マイアミ行きだ」

管制官はその返答を聞いて驚きました。

ここは、ベネズエラで、ニューヨークからもマイアミからもだいぶ離れていたからです。

不審に思った管制官はパイロットに身分を明らかにするようにいうと、

「1955年7月2日午前9時55分に到着予定だ」

パイロットの言葉を聞いた管制官は何が起こっているのかが全くわかりませんでした。

管制塔の人たちは全く事態を飲み込めてはいませんでしたが、乗客乗員の命を最優先に考え、着陸準備を進めました。

<!–nextpage–>

着陸完了、しかし…

無事に着陸が完了しました。

しかし、管制官にはどうしても聞きたいとこがありました。

「今日は1992年3月21日だと知っていますか?」

こうパイロットに尋ねると、パイロットはうろたえました。

そして、なぜだかパイロットは近づいてくる救難車に、近づかせないよう要求し、再び離陸用の滑走路に向かっていってしまいました。

もちろん管制官も止まるよう指示しましたが、そのまま飛行機は大空へと飛び去って行きました。

その後、レーダーには飛んで行った旅客機が写っていましたが、しばらくするとレーダーで姿を捉えられなくなってしまいました。

管制官の人たちは、この朝の出来事をまるで幻覚を見るかのような錯覚に陥りました。

突然、過去の旅客機が現れ、そして飛んで行ってしまった…

そんな信じがたいこの現象を説明できる人は誰一人いませんでした。

ここで、話は終わりかに思われますが、実は続きがあります。

<!–nextpage–>

この話は本当なの?

この話の信ぴょう性については、何も証拠が残っていないようなのでわかりませんが、様々な議論が繰り広げられているようです。

この話は1985年、WEEKLY WORLD NEWSに取り上げられました。

みなさんお気づきかもしれませんが、1985年はカンザス空港にパンアメリカン航空914便が着陸したとする1992年よりも7年も前の話なのです。

この雑誌では1992年がこのタイムスリップした飛行機が現れる年であると予言がなされています。

また、乗員乗客が家に帰ったときには37年前と姿形が変わっていなかったとの記事も存在したようです。

ここまで聞いて、嘘だと思った方も多いのではないでしょうか?

実は一つだけ証拠と思われるものがカラカス空港から見つかっています

<!–nextpage–>

カラカス空港に1955年のカレンダーが!?

ここまで、この話が世間を賑わせているのは証拠に近いものが存在しているからです。

それはカラカス空港の滑走路上に残されていた1955年のポケットカレンダー。

このポケットカレンダーがこの話の唯一の証拠品であるとされています。

ですが、実はこのカレンダーも実在したという証拠はありません。

全然証拠とは呼べないですよねww

そして、現在はこの話が作り話であったのか、本当の話であったのかは明らかにされていません。

最後に

さて、みなさんはこの話を信じるでしょうか?

証拠と呼ばれているものの証拠がないなんて信ぴょう性に欠けますねww

誰かが作り出したフィクションなのかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました